保証会社によって審査通過は違うの?

保証会社は銀行カードローンの審査を銀行に代わって行っている

銀行は銀行カードローンの審査を自分自身でやっているわけではなくて、消費者金融などが保証会社として審査を代行しているのです。

なぜそんなことになったのかというと、いわゆるグレーゾーン金利が禁止されたことによって危機に立たされた金融業者は銀行からお金を借りることによって危機から抜け出そうとしました。

その結果、倒産してしまった金融業者もありますが銀行からのお金によって、いくつかの金融業者は助かったのです。銀行にも金融業者を救うことのメリットがあって、金融業者が持っているノウハウを吸収したのです。

それからというもの、銀行からカードローンをする場合には金融業者が銀行に代わって審査をするようになったのです。カードローンの利用者がローンを期間内に払わない場合は、保証会社である金融業者が利用者に代わって返済しなければならないので、審査は正確です。

保証会社である金融業者の審査透過率によって推測される。銀行カードローン審査の透過率

金融業者は利用者がカードローンの返済をしっかりするかどうか、自分たちが銀行にローンを代わりに返済するような事態にならないためにしっかりと審査します。

しかし金融業者は自分たちでもお金を貸す業務をしており、その審査の透過率はそれぞれ異なりますが、銀行カードローンの審査を兼任しているので、審査する保証会社が同じである場合は同一の手段で審査しているということになります。

つまり銀行の保証会社である金融業者の審査透過率を調べることによって、多少の違いはあるものの銀行カードローンの審査の透過率が推測できるのです。保証会社の審査透過率はそれぞれ違いがあり、おおよそ35%もあれば46%という業者もいます。

ある銀行カードローンの審査に通らなかったということで他の銀行に行ったら、審査を担当する保証会社が同じだったということがあります。

そのような場合だと、また落ちてしまいますから、そういうことにならないため別の銀行を探す際には事前に保証会社が別であることを調べてから申し込みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です